DSC05626

2019/4/1新元号発表

平成31年4月1日(2019/4/1)新元号の発表がありました。

令和 れいわ Reiwa と読むそうです。

 

今回の元号は、日本最古の歌集、万葉集にある梅の花の歌、三十二首序文より引用をされたそうです。

 

梅の花の歌、三十二首序文

時に、初春の月にして、気淑く風らぎ、 梅は鏡前の粉を披き 、蘭は珮後の香を薫らす

 

現代日本語訳

時は初春の月、空気は美しく、風はやかで、梅は鏡の前の美人が白粉で装うように花咲き、蘭は身を飾る衣に纏う香のように薫らせる

 

厳しい冬を乗り越え、開花した梅を、穏やかな春の陽気に皆々で愛でる風景が浮かびます

 

令月を辞書で調べてみると

陰暦2月の異称。何事をするにもよい月。めでたい月。「嘉辰 (かしん) 令月(れいげつ)」

 

新元号は、天皇陛下の退位に伴い、5月1日午前0時から施行されます。

 

厳しい平成の冬を乗り越え、新たに春を迎えることができることに感謝です♪

 

画像は窓からも見えるすぐ近くの神社の桜です♪